FC2ブログ
Eros’Entertainment
物語とエロスが満載のブログです。
秘書 珠代(22)
 珠代の歓ぶ姿は小野田にとって男冥利に尽きる。

 その一方でこんな感じやすい妻がいながら、仕事に追われるあまりその肉体を味わう余裕もなく、あの世に逝ってしまった夫が哀れでならない。

 その未亡人を小野田は挿入したまま御膳から抱き上げる。そのとき巨茎がズルリと最奥まで入りこんで珠代は悲鳴のような声をあげて彼の背中に爪を立てた。が、その衝撃はすぐに彼女の脳内で経験したことのない気持ち良さに変換されていく。

「ああ…ぃぃぃ」
 珠代の口から陶酔した声が漏れていく。

 女の空洞の隅々まで男の肉で充たされて子宮ごと脳天まで突き上げられる…。そんな感覚が狂うほどの気持ち良さを伴って珠代の全身へと広がっていく。

「ああ…いい!…ああ…いいぃ!」
 珠代は抱き上げられたまま小野田の首にしがみ付いて怒ったような声をあげる。声をあげないと快感というストレスで体が壊れそうだった。

「どこがいいんだ」
「オマンコがいいの…気持ちいいの!」

 珠代はもう恥ずかしがることなく淫らな四文字で応える。その発声が淫らな気分に拍車をかけていっそう体が気持ち良くなる。

 案の定、膣の中が蠢くのを覚えて珠代は、
「ぁぁ…ぃゃ」
と、切ない声を漏らす。

 小野田もそれを巨茎に覚えて、
「締め付けたままムズムズしているぞ」
と、珠代の項に囁く。

 小野田は挿入したまま珠代のお尻を抱いて部屋の中を歩きまわる。その小野田の腰には珠代の美脚が絡みついて背中でしっかりと結ばれている。

 このまま女を布団に寝かせて逝かせてしまってもいいが、もう少し、遊んでみたい。小野田はそう思い、部屋の中を一周してから、ふたたび宴席に戻った。

 珠代が脱がされているのはショーツだけで、いまだにブラウスからスカートまで身に着けている。その恰好で珠代は脚を小野田の腰に絡めて勃起を咥え込んでいる。

「服を脱ぐよりも先に欲しいモノを咥えてしまったな…」
 小野田はそんなことを呟きながら、珠代のブラウスのボタンを外していく。

 そんな小野田のいじめに珠代は黙って耐えていたが、少しは女の自尊心も訴えたい。
「わたしはそんなつもりなかったのに…」
と、つい口を滑らせた。

「そうか」
 小野田はいじめの理由が見つかってにやりとする。そして珠代のお尻を抱えあげるようにして巨茎を抜きあげた。
 
「ぃゃ!」
 女の空洞が充たされていた幸福感が突然消失する。それに代わってあの欲求不満な空虚が復活してくる。

「だめぇ…ぃゃぃゃ」
 咥えを外された珠代は小野田の首にしがみ付いたまま、顔を彼の顔に擦りつけて哀願する。もはや肉の充溢で至福の歓びを味わった彼女の肉体は女のプライドを捨ててまで哀願する。

「詫びをいれないとな」
 言葉の遊びだとしても、あのように言われたら小野田も容赦はしない。

 男は勃起して意思を示し、女は濡れて求めていることを示す。その暗黙の了解でセックスは成立している。その掟を犯してしまったと珠代も後悔している。

「なんてお詫びすれば…」
 珠代は小野田にすり寄る。

「自分で考えなさい」
 小野田は冷たく返し、視線を御膳にやり、盃を手にする。

 珠代は勃起を外されたまま手を御膳に伸ばしてお銚子を持つ。まだ小野田の腕が珠代の腰に回されているから彼女も安心している。

 珠代はお銚子を小野田の盃に傾けながら、
「あの言葉でお願いするから許して」
と、小野田に媚びてみる。

「だめだな」
 小野田は珠代に冷たく返す。



にほんブログ村(恋愛愛欲)へ

・次の更新は11/23(金)の予定です。


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Copyright © Eros’Entertainment. all rights reserved.