FC2ブログ
Eros’Entertainment
物語とエロスが満載のブログです。
秘書 響子(65)
 そんなに感じやすい響子にも脳裏の片隅に冷めた部分が残っている。その部分が佐伯の激しい責めにも、顔を振り振り悲鳴を上げて、潮吹きという恥ずかしい生理現象を抑えこんでいた。

「ああ…ぃゃ…そこ、ぃゃ!」
 響子は顔を背後の佐伯の方に向けて哀願する。

 その響子に佐伯は激しい欲望を覚える。めったにお目にかかれない人妻の美人秘書が己の肉棒で突かれて助けを求めてくる。こんな男冥利なことは人生でザラにあることではない。

「これから、このベッドをびしょびしょにしてあげるからな」  

 佐伯は巨茎の隅々まで神経を行き届かせ、膣の前庭部の潮吹きスポットを外さないように腰を送り込んでいく。

 モノは長大だから亀頭部が子宮口に当たるのが本人にわかる。佐伯はそこで子宮を押し上げたまま、低く構えた腰をぐいとばかり持ち上げる。すると、長大な肉茎が膣口を梃にして撓り、潮吹きスポットを強く圧迫するのだ。その体勢のまま佐伯は巨茎を抜き挿していく。

 響子は居た堪れなく顔を振り上げて悲鳴をあげる。その響子を佐伯は背後から抱えて巨茎を正確に打ち込んでいく。

 グチュン、グチュン。

「ああ!…ああ!…ああン!」

 響子は腕を後ろに引かれるまま背筋を弓なりに反らし、巨茎を打ち込まれるたびに乳房を千切れるほどに振り回している。それはまるで男に巨大な肉の棒で虐待されることに歓んでいるようにも見える。

 その響子の内腿にはすでに抑えきれないお潮が滴となってが零れていく。

「だめぇぇ…」

 と、この世の終わりを告げるような声を漏らして、響子はふたたぴ顔を背後の佐伯に向ける。

 佐伯は余裕の顔で響子を見つめ、いっそうの正確な打ち込みをお見舞いしながら、
「さあ、はやく噴きな。あんたのスケベな潮吹きを鏡に映してあげるから」
 と、嘯く。

「いやぁぁ!…いやぁぁ!」

 響子は悲鳴に近い声を張り上げながら、顔を激しく振る。
 その響子の腰を佐伯は左腕で掴み、右腕を伸ばして砲弾型の美乳を鷲掴んで搾りあげる。そうしながらも、巨茎で女の膣前庭を擦り上げていく。

 それでも快感に没しないで、未だに生き残っている響子の冷めた部分がある。そこが必死に女の自尊心を保とうとする。女の身体は子孫繁栄のための神聖な母体。セックスの玩具のような扱いは赦されない。その意地を見せるためにも絶対にお潮を吹いてはだめ。
 
 そうはいっても、佐伯の正確無比な潮吹きスポットへの責めは、まるで砂糖の槍で突いてくるような濃密な快感が腰のあちらこちらで炸裂していく。

「ああん!ああん!」

 響子はぶるぶると震えてきた腰を必死で押さえようとするが、揉みしだかれる乳房からの快感の波に、あっけないほどに抵抗の意志が緩む。

「我慢すると身体に悪いぞ。こんなに感じているのに。ほら、おもいっきって噴きな」

 佐伯は手に搾りあげた乳房の先を指で強く抓んで転がしながら、巨茎を抉り込んでいく。

「もう、だめぇぇ…ああぁぁ」

 響子は切ない声を漏らした。

 その刹那、響子の腰がしゃくりあげるように痙攣すると、股間から勢いよく飛沫が四散した。


スポンサーサイト
[PR]

[PR]


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © Eros’Entertainment. all rights reserved.