FC2ブログ
Eros’Entertainment
物語とエロスが満載のブログです。
秘書 萌美(23)
 小野田は股間から顔を上げて萌美に被さる。そして女の顔を両腕で抱える。

「まだ、抱かれるのはいやか…」
 小野田は腕の中の萌美に問いかける。

 黙ってデカ物を入れちまえばいいのに、わざわざ問いかける。小野田にとって若い萌美は、目に入れても痛くないほどに可愛い存在だ。その可愛さのあまり、揶揄い半分で問いかけてしまうのだ。 

「いやです」
 訊かれたら萌美はそのように答えざるを得ない。でも身体は女の部分を舌で愛撫されたときから、彼氏のことを忘れて、新しい男の愛撫を求め始めている。

「俺のを握ってみないか。気が変るぞ」
 小野田は新しい女を抱くときは、必ず己の巨茎を女に握らせる。それで大抵の女は大人しくなる。

 小野田は萌美の手を取って己の股間に導くと、無理やり握らせた。

「ぃゃ!」
 萌美は小声を発して手を放そうとしたが、その手に小野田の手が被さってくる。

 萌美の経験は男好きのする身体の割には少ない。転職前の職場の彼氏と学生時代の男友達だが、運が悪く持ち物は二人揃って並み以下だった。それでも摩擦はちゃんとあり、女体もそれなりに歓んでくれた。

 ところが小野田の勃起は女の手首ほどもあるサイズだった。萌美は顔を振って拒んだ。こんな大きいのが入ったら、大切な女の泉が壊れるのではないか…と。

 その萌美の心と男好きのする女体とでは反応はまったく異なる。ぃゃぃゃと顔を振りながらも女体は求めていて、受け入れの準備を始めていく。それが拒みの仕草を微妙に媚びさせる。

 それが小野田にもわかり、
「あてがってごらん」
と、優しく言い、腰を構える。
 
 もちろん萌美は勃起から手を放そうとするが、小野田の手で押さえ付けられている。

「痛かったら、やめるから…」
 小野田は萌美に囁く。そして押さえていた己の手を放してみる。

 案の定、勃起を握っている萌美の手は放れない。膣口に勃起の先が触れている状態を維持している。

 小野田の勃起はサイズが大きいだけではなく、肉茎の隅々まで神経が行き渡っている。その勃起の先が膣口の蠢きを捉えている。ムニュムニュと蠢いて挿入を催促してくる。

「入れて欲しいみたいだが…」
 小野田は訊いてみる。

「…そんなこと知りません」
 萌美は背けていた顔をわざわざ戻して、小野田を見つめ返して言う。そういうところが小野田には可愛い。

「これでどうだ…」
 小野田は僅かに腰を送り込んで膣口を押し開いてあげる。

 ヌチュッ…。

 亀頭部から括れの部分が没する。

「あぁ…!」
 萌美はそれだけで声を上げる。

「痛かったら抜いてもよいが、どうする」
 小野田は膣が摩擦を欲して蠢いているのを承知していながら、わざと尋ねてみる。

「…いたくない、いたくない」
 小野田の意地悪な問いかけに萌美は二度も応える。


スポンサーサイト
[PR]

[PR]


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © Eros’Entertainment. all rights reserved.