FC2ブログ
Eros’Entertainment
物語とエロスが満載のブログです。
秘書 萌美(25)
 小野田は仕込みを続けていく。

 巨茎を膣口まで抜きあげると打ち込みに変化を与えていく。強弱はもとより、角度も変えて膣壁を擦り上げていく。

 萌美の上げる声は様々に変化し、悶える女体は蛇のようにくねったり、腹部を痙攣させたりする。

「…気持ち良さを全身で表すんだ」
 小野田は快感に喘ぐ萌美の耳に囁いていく。

 感度の優れた萌美の女体は小野田に煽られてますます研ぎ澄まされていく。巨茎の激しい摩擦が性感中枢をビリビリと刺激して、女体のあらゆる部位を痙攣させる。

 腹部が最も過敏で、ヒクヒクと痙攣させたり、凹凸を繰り返したりしている。そして時折、下腹部をしゃくりあげる。

 小野田は萌美の反応を観ながらも巨茎の抜き挿しを怠ることがないようにする。

「そんなに気持ちいいのか」
「…いい!いいの!」
 萌美は歯を食いしばってまで快感を口にし、小野田の首に腕を回して頬擦りしてくる。

 セックスが大好きになりそうな萌美。そういう彼女を蔑んではいけない。天が与えてくれた完璧といえるほどの男好きのする身体。そういう女体を所有しながらも男運の悪さから、性感を燻ぶりさせてきた萌美。

 その萌美が巨茎によって女の幸福に目覚めたからと言って、軽蔑する権利は誰にもない。女からセックスの快感を奪ったらこの世に生きる意味がなくなる。

「どこがそんなに気持ち良いんだ」
「お、おまんこ」
 
 萌美は小野田の淫らな問いかけにも応える。そして恥ずかしさから小野田の首にしがみ付く。

「あんたは可愛い。俺の肉で殺したいくらいだ」
「しゃちょう…」

 萌美は小野田にそう言われて嬉しい。学歴とキャリアで頭に乗っていた自分がビールも満足に注げない不器用な女であることがわかり、一時は解雇されるのではないかと絶望していた。

 それが抱かれることになったら身体を何度も褒めてくれて可愛いといわれる。さらには試行期間もなくなり、大幅な昇給まで約束してくれた。

 それだけではなく社長の大きな肉棒で、本物のセックスの快感にも巡り合えた。女としてこんな幸福なことはない。

「わたしを好きなようにしてください」
 萌美はそう言って小野田を潤んだ目で見つめる。

「いいとも」
 小野田は身を捧げてきた萌美に恥ずかしい体位を取らせる。萌美の両膝に手を掛けさせて自ら広げるように促した。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © Eros’Entertainment. all rights reserved.