FC2ブログ
Eros’Entertainment
物語とエロスが満載のブログです。
秘書 萌美(29)
 顧客を喜ばせるためにはフェラまで仕込みたいところだが、それでは風俗の女と変わらなくなる。小野田ハウスの秘書はやられ女で充分だ。

 小野田はそのやられ美人に潮を吹かせると、その場で組み敷いた。
「こんどは逝かせるぞ」

 小野田は脚を折りたたんで秘部を真上に向けさせると、巨茎の先を埋め込んだ。萌美はそれだけで小声を漏らして、小野田の猪首に細腕を絡めてくる。

 萌美は絶頂感を経験したい。けれども怖いというのもある。

「きっと気絶するな…」
 小野田は萌美を脅かす。

 …気絶するほどの快感!
 
 いかにもありそうな小野田との感じ過ぎるセックスに萌美はぃゃぃゃと顔を振る。その刹那、小野田の巨茎が膣襞を擦りあげて子宮を突き上げた。

「ああ!ん!」
 萌美の口から歓喜の声が迸った。

 女体を貫かれる感覚があまりにもリアルで、大きな声をあげざるをえない。それに、最後の子宮口の突きあげが脳天に響く。そこが彼とのセックスの違いだった。感じたいと意識しなくても感じてしまい、声をあげてしまう。

 小野田も女が感じやすいと、なおさら激しく打ち込みたくなる。

 小野田は萌美をV字開脚でしっかりと押さえ込み。渾身の打ち込みを繰り返していく。巨茎を深々と打ち込み、ベッドのスプリングで跳ね上がってくる女芯を迎え打つ。肉と肉がぶつかり合う音がパンパンと部屋に響いていく。

 萌美の上げる声がキャンキャンとした悲鳴になっていく。小野田は巨茎を打ち込みながら、腕の中に囲った萌美の顔も観賞する。

 小野田好みの色白の整った小顔。まだ逝ってはいないのに閉じた瞼がピクピクと痙攣している。それになんといっても、歓びの声を上げるときの喉の震え。口を開けているときには舌までが震えているのが目視できる。

「そんなに気持ちいいのか」
 萌美を眺めていると、月並みだが、どうしても訊いてしまう。

「ああ…ぁぁ…ぃぃ!」
 萌美は快感の海に溺れながらも必死に応えようとしてくる。

 小野田は可愛さのあまり声を迸らせている口を咥える。そして舌を送り込む。その舌を舌が迎えて絡ませてくる。その間も小野田は巨茎を打ち込んでいく。

 男と女の結合部から汁が飛び散っていく。女を歓ばす巨茎に対するお礼の印で、子宮や膣で生成された多量の女汁が結合部から溢れ、肉に打たれて飛び散っていく。

 小野田は巨茎から伝わってくる膣の感触から絶頂は近いと判断した。子宮が下がって膣の奥行きが浅くなり、射精を促すように締め付けては痙攣し、促してくる。

 ここで男が射精してしまうと、女は昇り始めた絶頂への階段を踏み外してしまう。男も女もいまが正念場で、男は一心不乱に突きまくり、女は性感が導くままに身を預けてくる。

 小野田は女の逝き様を観るためにV字に組み敷いた萌美を放す。

 脚から手を放したのに女体は股関節が外れたようにバックリと開かれたまま、巨茎に女の肉穴を捧げてくる。

 この萌美の見事なやられぶりに、小野田の口から呟きが漏れてくる。

 …やり殺してあげる。

 小野田の呟きが聴こえたのか、キャンキャンと啼いている萌美の顔が小さく振られる。

 小野田は体位を変えてみようかと思うが、仰向けのやられ姿がこの女には似合うと思い直す。

 そして萌美の両足を掴んで股関節の柔かさを楽しむように、開いたり閉じたり、真上に上げてバックリと広げたり、女の小顔を中心にV字に広げて押さえつけたりする。

「ほらっ、こんなに自由自在に脚が開いて…」

 小野田が脚を弄ぶと、萌美が啜り泣きだした。
「ぁぁ…ぁぁ…ぁぁ」
 
 セックスでは女が男の思うように存分に身体を開かれるのは宿命だ。まして小野田のような巨茎を女の中心に打たれたら全身から力が抜けて、どんなに脚を開かれようと抗うことがてきなくなる。その悲しい女の宿命を萌美は声で表している。

「大きなオッパイに良く濡れるおまんこ。こんなに開く脚。それだけではない、お潮まで吹く。あんたは小野田ハウスの宝物だ」
 小野田は最後の仕上げとばかり、萌美の耳に囁いていく。

 小野田は奥深く挿入した巨茎を抜きあげてから、
「さあ、いくぞ。覚悟しろ」
と、打ち込みを開始した。

 腰を乗せて巨茎を打ち込まれ、女汁の飛沫をあげてベッドに深く沈みこんだ萌美の女芯。その女芯がベッドのスプリングで跳ね上がってくるのを待ち構えて、気合を入れて巨茎を打ち込む。

 グチュ!と淫音とともに粘膜がひしゃげて女汁が飛散する。子宮が乱暴に突き上げられて痙攣する。萌美の悲鳴が響き渡る。

「ああ!…ああ!…ああ!」

 その悲鳴とともに萌美の頭の中に火花が飛び散り、真っ白に輝く世界が広がっていく。

 脚から始まった痙攣は腹部まで遡り、顔の頬へと伝わっていく。気絶するのが怖いからといって快感の波から逃げても、快感は津波のようになって押し寄せてくる。
 
 …このまま快感の波にのまれて死んでもいい。
 
 萌美が観念したとき、巨大な快感の波が被さってきた。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © Eros’Entertainment. all rights reserved.