FC2ブログ
Eros’Entertainment
物語とエロスが満載のブログです。
秘書 萌美(42)
 他人の前では限度というものがある。

と、小野田は高をくくっていたが、輝彦はそんなことは気にしないで、ソファーから腰を上げるとズボンのファスナーを下ろして、勃起を掴みだした。

 小野田も驚くほどのサイズで、わざわざ握って見せつけてから女の方へと歩いていく。酔いもあるが、女の手足を縛っての美乳の露出が彼を大胆な行為へと誘うのだろう。
 
 輝彦は勃起を握りしめたまま萌美の傍にいくと顔に押し付けた。

「いや!…」
 萌美は勃起から逃げるように顔を振る。

 それでも輝彦は勃起を押し付ける。が、顔を振られて女の口から外れる。それでも輝彦は勃起を女の顔に押し付ける。

 輝彦の巨大な勃起が萌美の振られる顔で叩かれては踊っている。それが小野田からも見える。

「いや!…ぃゃぃゃ」
 萌美は声を上げながら顔を振り、乳房まで震わせている。女によっては膣よりも口への挿入に激しい抵抗感を覚える。

 例え萌美がそうであっても、男好きのする身体は男を興奮させる。美しい顔は虐待にますます輝き、突き出した乳房は悩ましく震えて男を誘う。

 輝彦は萌美の抵抗が楽しいらしく、声をあげて逃げ惑う彼女の顔を押さえることなく勃起を叩かせている。女の顔に叩かれるほどに勃起は興奮して、ますます硬く巨大になっていく。

 小野田もその二人を見ているうちに興奮して野次まで飛ばす。
「部長さん、いいですね!」

 輝彦はどうしても萌美に咥えさせたいのか、拒まれても拒まれても勃起を顔から放さない。

 そこで小野田は助言をする。
「オッパイを揉んでみてください」と。

 勃起を女の顔叩きで夢中になっていた輝彦も気づいたのか、それとも最初から予定の範囲だったのか、これまで勃起を握っていた手を乳房へと移す。

 重々しく撓んで突き出している乳房を持ち上げてから、ギュウとばかり掴んだ。彼の大きな手でも持て余すほどの乳肉で、掴まれた乳房の先が喘ぐように尖がっている。

 輝彦はその豊饒な乳肉を弄ぶように揉みしだいていった。

「あぁぁ…」

 輝彦の揉みしだきに萌美の口からとうとう声が漏れていく。華奢な肩の真下の大きな肉の塊が持ち上げられては揉まれるから、女の身体が浮くように揺れている。
 
「やめてぇ…」
「こんなオッパイをしているから…」

「やめてぇ…いやぁ」
「うんと揉んでやる!」

 輝彦の口から迸る言葉には、完璧な美乳に対する憧れを越えて憎しみが感じられる。

 輝彦の乳房への責めに、とうとう萌美の口に隙間ができる。その隙間に勃起の先が触れては外れ、触れては外れる。

 その勃起の外れる距離がしだいに小さくなっていく。そのときには萌美もぐったりして、乳房を彼に預けたまま椅子から崩れそうになる。

 輝彦はこのときとばかり、萌美の顎を掴んで口を開けさせると、巨大な勃起の先を咥えさせた。

「はぅぅ…」
 萌美は鼻声をあげて顔を振ろうとするが、輝彦の執念は勃起に乗り移っている。口の奥へとずるずると入り込んでいく。

 そうして喉まで届いたとき萌美の身体が小刻みに震え、顔が前のめりになって輝彦に凭れ込んできた。輝彦はその萌美の顔を勝ち誇ったように股間に抱え込んだ。

「あんたに会ったときから、こうしたかった」
 輝彦は噛みしめるように言い、股間に抱えたまま萌美の顔を確かめるように右左に振る。

 萌美の目尻から涙が滲んでくる。好きでもない、むしろ嫌いな男の肉を無理やり咥えさせられた女の無念が涙となって流れていく。

「はぅ…はぅ」
 萌美は屈辱に鼻声で泣く。


スポンサーサイト
[PR]

[PR]


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © Eros’Entertainment. all rights reserved.