FC2ブログ
Eros’Entertainment
物語とエロスが満載のブログです。
秘書 萌美(43)
「あんたを見たときから、こうしたかった」
 勃起を咥えたまま股間に顔を預けている萌美に輝彦は吐く。

 萌美は目尻に涙を滲ませ、鼻から切ない声を漏らしている。小野田にもされたことがない勃起の咥え。それは女にとって、好きな男なら愛しい咥えになり、嫌いな男なら屈辱の咥えになる。

 その嫌いな男の勃起を咥えさせられて顔を前後に動かされていく。嫌いな男の巨大な勃起が、萌美の口腔を貫いて喉まで押し付けられる。

「この顔に、このオッパイがそうさせるんだ」
 輝彦は股間に顔を預けている萌美に吐き、後頭部に手をやって女の喉まで勃起を送り込んでは引き抜いていく。

「舌を使ってほしいな」
 輝彦は口だけを預けている萌美の顔を軽く叩く。

 木の葉で叩かれたぐらいの感覚なのに、萌美の鼻からくぐもった声が上がる。女が秘めているマゾっ気が萌美の声を大きくする。それでも舌が勃起に触れてくる。

「それでいい」
 輝彦は萌美の顔を撫でては勃起の抜き挿しをしていく。

 萌美の口腔から全身に向けて経験したことが無い気持ち良さが走り抜けていく。虐げられる屈辱が甘い臭いを放って全身を巡っているかのような感覚だった。それが子宮まで震わせている…。

 …屈辱を忘れるためにもっと甘い匂が欲しい。

 これまで口腔だけを預けていた女の空間に舌が絡みついてくる。

 輝彦は萌美の顔を撫で、顎に手をやって顔を上げさせる。その体勢でも女は勃起を放さないで輝彦を見つめてくる。

「俺のチンチンが好きになったか」
 輝彦は頭に乗って、そんなことまで口にする。萌美は無言で顔を小さく左右に動かす。
「…そのうち好きになるさ」

 輝彦は舌を絡めてきたが顔を動かさない萌美に、女の後頭部を掴んで動かし、自らも腰を前後に動かしていく。女は顔を動かさないが舌の絡めはしつこいほどで勃起にぴったりと粘着している。  

「舌使いが上手いじゃないか」
 輝彦はそう言うが、萌美は覚えがなかった。屈辱感を和らげるために舌が勝手に勃起に絡みついているとしか思えなかった。

 その舌の摩擦で輝彦は危うく暴発しそうになり、勃起を引き抜いた。  

 次の矛先は乳房だった。輝彦は女の舌で磨かれた赤銅色に光った勃起を萌美に見せつけてから、その真下に突き出している美乳の先に触れてくる。

「ぁ…」
 萌美の肢体が微かに跳ねる。

 その萌美の過敏な反応が楽しいのか、輝彦は美乳の突き出しの先端を勃起で叩いてくる。萌美は声を漏らすまいと唇を結ぶが、乳首から鋭い感覚が身体に走り抜けて、声を抑え切れない。
「ぁッ…ぁッ…ぁぁ」

「感じやすいくせに…」
 輝彦はそう吐いて、勃起を美乳の谷間に押し付けた。そして肌白の深い淵に擦りつけると、両手で乳肉を持ち上げて包み込んだ。萌美は顔を背ける。

「パイ刷りの経験ないのか…こんなオッパイしているくせに」
 輝彦はそう言って顔を背けている萌美を見下ろし、大きく腰を送り込む。

 乳肉の包みから巨大な勃起の先が顔を出して萌美の顎に触れる。女の豊饒な乳房と男の巨大な勃起が例えようもない卑猥な光景を演出する。

「はぁ…」
 萌美も情けない声を鼻から漏らす。
 顔を背けていても顎に触れてくる勃起の感触で、どれほど淫らなことをされているのか…。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © Eros’Entertainment. all rights reserved.