FC2ブログ
Eros’Entertainment
物語とエロスが満載のブログです。
秘書 萌美(55)
 輝彦が抱いた女のうち、挿入した肉茎に膣の様子まで伝わってくるのは、この秘書が初めてだった。締めつけはもとより、襞の凹凸が実に冴えている。さらには潮吹きスポットの腫れも、肉茎を圧迫するほどに押さえこんでくる。

 だから、輝彦が女の膣口まで肉茎を抜きあげてくると、締めつけと襞の連続したひっかかりを肉傘の括れに覚える。

「なんというスケベなオマンコだ!」
 輝彦が思わず感嘆すると、萌美が彼の首を抱きしめたままぃゃぃゃと顔を小さく振って啼く。

 輝彦は女の媚びに満足の笑みを浮かべ、巨茎の抜き挿しを速めていく。女を虐めたからには、潮を噴かせて逝かせなければならないという男の責任を負っている。

 その責任を担った巨茎が萌美の膣に打ち込まれていく。膣壁と子宮から吐かれる液汁が巨茎で掻き混ぜられ、泡状になって結合部から溢れてくる。その白濁した粘汁が巨茎の打ち込みでグチョグチョと音を奏でてくる。

 その完璧な淫らぶりに萌美は顔を振り乱して啼く。
「ああ…ああ…ああん!」

 大きな声で啼くことで我が身の淫らを打ち消そうとする女の本能。それが極まって、しだいにキャンキャン声になっていく。
「ああ!ああ!ああ!いゃいゃ!ああ!」

「女は気持ちよければ大きな声で啼けばいい。男はそれで喜ぶ」
 輝彦は腕の中に囲った萌美の顔を見つめながらそう言い、巨茎を打ち込んでいく。

 輝彦の言葉は萌美の耳に聴こえていた。小野田もそのようなことを言っていた。男は女が濡れて、快感に声を上げる様を見て満足すると。

 けれども、萌美はその男を喜ばせるために大きな声を上げているのではなかった。大きな声を上げて発散しなければ女体が壊れてしまいそうだった。

 萌美は快感の波状攻撃に悲鳴をあげ、輝彦の首を抱きしめ、頭髪を鷲掴んでいた。その快感の狭間に何かが弛む感覚が下腹部を過る…。

「ああ…でるぅ」
 萌美が喘ぎながら、口にする。

「まだ…だ」
 輝彦は萌美に我慢を強いる。限界まで我慢させておもいっきり噴かせてみたい。

 輝彦は腰の構えを変え、巨茎が膣前庭をより強く擦り上げるように巨茎を送り込んでいく。潮吹きスポットの腫れが凄まじいのか、亀頭部が圧迫された肉壁を突き進んでは抜かれるのが伝わってくる。

「ああん!…ああん!」
 萌美は輝彦の髪を掻き毟って顔を振り乱す。

「我慢してから、おもいっきり噴け。それでこそ小野田ハウスの秘書だ」
 輝彦は萌美の顔を抱えている片方の手を放し、乳房にやって乳首を指で転がし、あるいは腰まで下ろして陰核を責める。

 女の反応は嬉しいほどで、啼き声と女体の痙攣で極まる快感を表してくる。輝彦はその反応を楽しみながら、巨茎を落ち着いた抜き挿しでスポットを責めていく。

「ああ…おかしくなりそうぅ」
 萌美は切ない声を漏らす。

 それでも輝彦は巨茎の抜き挿しを怠ることなく、膣前庭のスポットを責めていく。

 指で吹かせるのではなく肉棒で噴かせたい。輝彦が望んでも女の器が優れていないと叶えられない。が、すでに萌美は小野田の巨茎で激しく噴かされている。

 やがて輝彦の首に回している萌美の腕が震えてきた。それで輝彦は女が限界に来ているのを知った。

「ああ!」
 萌美は声を上げて腰をしゃくりあげた。

 輝彦は女の身体から上半身を放して、脚を開脚して押さえ込んだ。

 その輝彦の目に最初の噴き出しが映ったのは孔からてはなく、抜き放った膣からの白濁した吐き汁だった。その刹那、孔から勢い良く水柱が立った。

 水柱は女の腰の痙攣を伴なって間歇に吹きあがり、幾筋にも分かれてベッドの外までキラキラとした弧を描いた。


スポンサーサイト
[PR]

[PR]


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © Eros’Entertainment. all rights reserved.