FC2ブログ
Eros’Entertainment
物語とエロスが満載のブログです。
秘書 萌美(58)
 女は膝立で開脚し、お尻を突き出す。そして男は背後から女の両腕を引いて海反りにし、肉茎を突き入れる。男の下腹部と女の臀部が激しくぶつかり合い、その衝撃が女の乳房を跳ね上げる。これが巨乳の女には最もふさわしい体位だ。

 いま萌美はその体位で輝彦に巨茎を打ち込まれている。

 お尻の突き出しを緩めることなく肢体を海老のように反らし、乳房を前方へと突き出している。その砲弾型の巨乳は激しい巨茎の打ち込みに時化た海のように乱舞している。

 若い女が中年の男に肉の玩具にされている。見ている者はそのような印象を受けるが、萌美は玩具になっている気はさらさらない。輝彦の征服欲を満足させるために肢体を柔らかくして預け、気持ち良ければ鳥のように啼くことを心掛けているだけのこと。それで彼は喜ぶから…。

 それにしてもこの膝立の後背位。耐えられない快感が膣から脳天へ突き抜けてくる。巨茎が直接、膣の快感スポットを擦り上げてくる。さらには打ち込みの最後には子宮ごと突き上げてくる。

「あああ!」
 萌美は乳房を振り回し、髪を振り乱し歓喜の声を迸る。

 萌美の乱れに比べて輝彦は余裕があり、ベッドが鈍い小さな音を発しているのに気づいた。女から片腕を放して股間にやると、滴が垂れてくる。

 …お潮が漏れている!

 輝彦は女の股間にやった手に神経を行き渡らせる。すると、打ち込んでいる己の肉茎から垂れてくる汁があり、さらには女の孔からもさらさらした汁が垂れている。

 女はすべての体液を吐いて逝くのかもしれない。輝彦はそんな感慨を抱いたが、逝くにはまだ早い。もっと楽しんでやる。

 輝彦は手を元に戻すと、再び女の両手を後ろに引き、いつそう肢体を海老反らして渾身の突きをお見舞いしていく。

 この体位では女は呼吸が苦しくて逝く一歩手前で足踏みする。その分、輝彦は巨乳の乱舞と女の澄んだ悲鳴を楽しめる。

「ああ…ン!」
 萌美は輝彦の意地悪な責めに顔を振り乱して悲鳴を上げる。

「こっちに顔を見せな」
 輝彦が命じてくる。

 萌美はそのとおりに顔を後ろに向ける。輝彦が顔を被せて口を咥えてくる。舌が射し込まれる。萌美はその舌を舌で迎える。舌と舌が絡み合い、輝彦の熱い唾液が送り込まれてくる。

「はぁぅぅ…」
 萌美は鼻で啜り啼く。本来なら嫌いな男の唾液なんて吐き出したいのに、まるで肉の快感に燃料を注いだようにいっそう燃え上がる。
「はあぁぁ…!」

「ほらっ…気持ちいいだろう」
 輝彦が唾液を流し込みながら目で問うてくる。

「いいぃ…」
 萌美は唾液を飲み込みながら輝彦を見つめて応える。

「男にやられるのが好きだろう」
 輝彦の目が酷薄な光を放って見つめてくる。

 萌美は顔を振って否定するが、緩めのブラウスで乳房の突き出しを隠して街を行く時、いつも秘めているものがあった。それは巨乳を見破られて男に揉みしだかれることを。さらには綿のショーツを引き下ろされて、逞しい肉の棒で貫かれることを。そんなことをいつも妄想していた。

 萌美は好きな男の愛撫よりも、権力を盾にした男によって蹂躙される方が肉体が感じるのを薄々気づいていた。だから小野田の秘書になり、輝彦のような男にも抱かれている。


スポンサーサイト
[PR]

[PR]


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © Eros’Entertainment. all rights reserved.