FC2ブログ
Eros’Entertainment
物語とエロスが満載のブログです。
秘書 萌美(59)
 突いてくる肉茎に対して膣がしだいに垂直になっていく。萌美が無意識のうちに肉茎の摩擦が強くなるように腰の角度を変えていくからだ。

 その体位をとるためには上半身を後ろへと反らし、お尻をより強く突き出さなければならない。そうすると乳房はより前方へと突き出される。

 萌美は抗えない欲求にその恥ずかしい体位を極めていく。

 Gカップの砲弾型に突き出した巨乳は千切れそうなほどに振り回され、股間の結合部からは体液が内腿に筋を引いていく。

「ああ!…ああん!」
 萌美の口からは歓喜の悲鳴が迸っている。

 輝彦は己の肉茎によって萌美が歓喜する姿に陶酔する。女の感度の優れた器があるからこそ観賞できる淫らな光景である。

 輝彦はこのへんで体位を変えて逝かせてみたいと思うが、肉茎に伝わってくる膣の感触があまりにも気持ち良くてなかなか決断ができない。

 それもそのはずで肉茎が子宮を突きあげたとき、膣が歓びの痙攣で迎えてくるのだ。それも輪ゴムを束にして巻き付けたように肉茎をワナワナと震わせて締め込んでくる。

「なんと!」
 輝彦は歓喜の声をあげる。

 そして、思わず女の両手を放して背後から乳房ごと抱き締めた。そして手に有り余る乳肉を握りしめる。

 この性能の優れた膣と稀なる美乳はこの女の宝物だが、その女を抱く男は至福の歓びに浸ることができる。指名だけではなく、落札まで付きあって欲しいものだ。と、輝彦は声に出さずに独りごちた。

 そうして一息ついたところで輝彦は体位を変える。女の喘ぐ顔が充分に見えるように仰向けにしていく。腰の括れを一抱えにして一緒に後ろに倒れ、反転して女を下にしてから脚を開いていく。こんなに淫らになっても、一旦、脚を閉じてしまうと、まるで処女に戻ったように抗ってくる。

 …なんて可愛い女だ。
 輝彦は独りごちる。

 輝彦は女の足首を掴んで、両腕を広げるように開いていく。それに女が抵抗してくるから、よけいに辱めたくなる。
「この目で見たくなったよ、秘書さんの綺麗なオ・マ・ン・コ」
と、あえて辱めの言葉を女に吐いてあげる。

「ぃゃぃゃ!…ぁぁ…ぃゃ」
 萌美は切ない声を漏らして、必死に膝と膝を擦り合わせて抵抗する。

 それでも輝彦の力には負けて、真一文字に開かれる。開かれた瞬間、下腹部がビクンと痙攣して恥部をしゃくりあげる。

 さらに輝彦は真一文字に開いた脚を上に持ち上げて腰を浮かせ、190度、200度、250度と開脚し、女の柔らかい股関節を弄んでからV字に押さえ込んだ。

「あぁぁぁぁぁ!…」
 女は切ない悲鳴を上げて、晒された恥部をヒクヒクとさせる。肉の摩擦と恥辱で興奮した大小の粘膜を濡れ光らせて小刻みに膣口を痙攣させている。

 輝彦はたまらずに顔を被せて分厚い舌を粘膜に押し付けて陰核まで舐め上げる。この女が凄いのは、こんなことでも膣口をキュッキュッと窄ませて反応することだ。

 輝彦は我慢できずに巨茎を宛がう。すると女が腰を浮かせて咥えようとする。輝彦は亀頭部だけ咥えさせてから、
「お願いしないと…奥まで入れないよ」
と、焦らす。

 萌美は口にする。
「おくまで…ぁぁ…いれてください」と。そのとたん、ズルリと押し込まれて子宮を突きあげられる。

「ああ…ん!」
 萌美は大きな声をあげて輝彦の首を抱きしめる。
 
 肉で充たされるとき女は男と次元が違うほどの快感に充たされる。いつも身体に抱えている空洞がある不安感。それが解消される世紀の瞬間でもある。

 萌美はそのとき、いつも女に生まれてよかったとしみじみと思う。それは女体も同じで、充たしてくれた男の肉に対して感謝の気持ちでリズミカルに締め付ける。

「また、こんなに締め込んで」
 輝彦は女の淫らな歓迎に腕の中に抱え小顔に接吻する。そして奥まで挿入した巨茎を膣口まで抜きあげて、気合を入れて抜き挿しをしていく。


スポンサーサイト
[PR]

[PR]


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © Eros’Entertainment. all rights reserved.