FC2ブログ
Eros’Entertainment
物語とエロスが満載のブログです。
秘書 珠代(16)
 見られるだけで体が反応する…。

 室長を明け方まで声をあげさせた小野田に下半身を見つめられれば、ふつうの女でも…と、珠代は言い訳をするが、それでも恥ずかしいほどにショーツに突起をはっきりとさせている。

 それが珠代にはわかる…。

 小野田の視線に炙られた体の隅々から熱い粒子が生まれては女の部分に収斂されるのが…。それは肉芽に血液を呼び込み、女の粘膜を潤わせる。

「ぁ…ン!」

 珠代は声を漏らして腰をピクリと痙攣させた。小野田が突起に触れたのだ。見ているだけでショーツに陰核の突起を映してくるのだから、小野田が指で触れたくなっても無理もない。

 珠代は小野田の胸に顔を押し付け、下半身を捩って注がれる視線から体を逃がそうとする。

「そのぐらいのことで感じてしまって接待なんかできるのかしら」
 倫子のいやみが珠代の耳に届いてくる。

「取引先には喜ばれるからいいかもな」
 社長の小野田の慰めの声も届いてくる。

 珠代は我が身のだらしなさに悲しくなるが、恥ずかしいパンストを穿かされてスカートを捲くられたのでは、平静でいられる女の方がどうかしていると自分を弁護する。

 そうかといって愛撫されているわけでもないのにショーツに勃起した陰核を映してしまうのは言い訳ができない。例え、社長が取引先には喜ばれると慰めてくれても恥ずかしいことに変わりはない。

 男の愛撫に敏感なのは体質かもしれないけれど、それ以上に専業主婦のときの欲求不満と夫の突然死による禁欲生活が影響していると珠代は思っている。

「珠代さんの恵まれ過ぎた体質ということで許しましょうか」
「そうしよう」

 倫子と小野田が顔を寄せ合って相談して、ようやく珠代の処遇に結論が出た。

 珠代は二人の話にほっとしたが、いつまでも社長の胸に顔を隠しているわけにもいかず、体を起こして、
「…すみません」と謝った。

 小野田はその珠代の体を放すことはしないで、
「研修に戻るぞ」
と、スカートを捲り上げたまま腰を抱き寄せる。

 珠代も身を小野田に預けたままビール瓶を手にして彼のコップに小麦色の液体を注いでいくが、過敏な突起を弄られた余韻が体に残っていて意識を集中できない。それでもなんとかビールを注いでいく。

 その珠代の姿が倫子にはやる気のなさに見えたのか、
「そこでお仕事の催促をするのよ」
と、叱られる。

 珠代は、「…お仕事をください」と、小野田へ弱弱しい声でお願いする。

 その迫力の無さに倫子が苦笑するが、すでに珠代の秘書としての位置づけか決まったので叱責はしないで小野田に任せる。その小野田は珠代の顔を黙って見つめている。

 実にあくのない女らしい顔だ。その顔が控えめな視線で見つめ返してくる。こういう女がお仕事をくださいと言うのは似合わないのではないか。

 何かを思うと小野田という男は決断が早い。珠代に諭すように話す。 
「そんなこと言わないでいいから。取引先の男に精一杯、抱き寄せられて欲しい」と。

 珠代はその意味が分かるような気がした。接待も満足にできない元専業主婦の女は取引先に身を預けるだけでいいと言っているのが。秘書として情けないが、これから先、一人娘を養って生活していくためには、この職にしがみ付いていくしか方法がなかった。

「…は、はい」
 珠代はじっと見つめてくる小野田に震えた声で返事をした。

 その珠代を小野田はあらためて抱き寄せる。元に戻っているスカートの裾をふたたび腰まで捲り上げ、珠代の決心のほどを確かめるように女の部分を隠している脚を無理やり広げた。

「ぃゃ!」
 
 珠代は思わず声を漏らして脚を窄めようとするが、抗う気力が奪われていて、顔だけを小野田から逃がした。

「取引先の顔を見てあげないと失礼になるぞ」
 珠代の脚を広げたままの精一杯の譲歩にもかかわらず小野田はさらなる要求をしてくる。

「は、はい」
 珠代は背けた顔を戻して小野田を見つめる。

 その珠代の顔を小野田は真直ぐに見つめ返す。そしてこの優しい顔と美脚は小野田ハウスの宝物であり、それを最大限に生かす抱かれかたを仕込んでいかなければと思った。



 人気ブログランキングへ

 .次の更新は10/5(金)です。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © Eros’Entertainment. all rights reserved.