FC2ブログ
Eros’Entertainment
物語とエロスが満載のブログです。
秘書 珠代(55)
 小野田に秘書の身分を約束してもらい珠代は嬉しかった。そのお礼を女のすべてでお返ししたかった。

 女のお礼とは精神、肉体とも淫らを抑えることなく晒すことだった。そして恥ずかしい淫語も…。

「きもちいいぃ…おまんこが…きもちいいのぉ…ぁぁでちゃうぅぅ」
 珠代はそう言い、巨大な小野田の勃起を咥えながら恥部を何回もしゃくりあげて哭く。

「よかったな。気持ち良くて」
 小野田も珠代の淫らの晒しをしっかりと受け止めて腰を送り込んでいく。  

 視線を珠代の股間に移すと勃起を咥えた膣口の真上から水が静々と零れてくる。膣は勃起を強く圧迫したまま、むぎゅむぎゅと痙攣している。小野田の勃起はその快感スポットの膣壁を擦り上げるようにして抜き挿していく。

「ああん…いいぃぃ!」
 珠代は歓喜の声を上げてから、小野田の項に顔を摺り寄せるようにして、

「おまんこがきもちいいの…いいのぉ」
と淫語のお泣きを忘れない。

 珠代のような気の優しくて淫らな女がいるから四文字の淫語がこの世界からなくなることがない。珠代の一人娘が、母の淫らな泣き声を聴いていたらなんて思うだろう。それもホテルではなく真っ昼間の会社だというのに。

 それを差し引いても珠代の快感は素晴らしかった。小野田が秘書の職を約束してくれたのもあるが、逝かせてくれた男の愛撫と挿入が珠代を激しく興奮させ性感をも高めていた。

「ああン!…ああン!」
 珠代は膣の摩擦が鋭い快感となって脳天に突きぬけていくのに耐えきれず、震え声をあげて小野田にしがみ付く。

 小野田はその珠代の脚を開脚して机に押さえ付け、渾身の突きをお見舞いしていく。二人の結合部から垂れてくる女汁が机に広がっていく。

「秘書だと、こうして肉を打たれ、舐められたりするぞ。それも毎日かもしれん。それでもいいのか」
 小野田はセックスの最中も珠代と話すのが好きだ。なぜならば女の優しさで付きあってくれるからだ。

 珠代は快感に声を上げてから、
「それでもいいの。社長さんに毎日、舐められても、大きなお肉をいれられても秘書がいいの」
とすすり泣く。

「わかった。珠代くんは生涯僕の秘書だ」
 小野田は珠代の全身全霊の返事に応える。

 小野田の再三にわたる約束が珠代を安心させたのか、それとも快感スポットへの摩擦が絶頂まで昇らせたのか、下腹部がしゃくりあがって激しく痙攣した。

 小野田は勃起を引き抜いた。

 珠代の口から哀しい悲鳴があがる。

 キラキラした水柱が尿道口から勢いよく迸ったとおもったら、膣口からも白く濁った液汁がとばっと吐かれた。

「机がびしょびしょだ」
小野田は顔の頬まで痙攣させている珠代をしっかりと抱き締めた。

               *********

 小野田との淫らな約束は冗談ではなく、会議や来客が無い日には高い確率で履行された。

 珠代もその方が安心できた。社長に嫌らしいことをされているうちは総務に異動されることなく秘書としても安泰だからだ。女体もそれを期待しているのか、女の部分を絶えず湿らせている。

 朝、珠代が出勤すると萌美が傍に来て、
「今日は会議も来客もないわね」
と、揶揄ってくる。

「…そうね」
 珠代は返事をして、萌美からできるかぎり離れて朝の掃除をし、社長机の書類の整理を済ます。

 室長の倫子も出勤してきて、
「きょうはお楽しみね」
と、嫌味を口にしてくる。けれども自分たちも経験済なのでそれ以上のことは口にしてこない。

 朝、会社に出勤して二人に揶揄されると、珠代の女体は意識し過ぎて女の粘膜を疼かせてくる。
 
 あまりにも哀しい我が身の女体。反面、その疼きが珠代を女として幸福な気持ちにしてくれる。女の恥ずかしい部分を社長にいつでも好きなように舐められて大きな肉を打たれる。

 それが悲鳴をあげるほどに気持ち良い。粘膜を女汁でヌルヌルにしているスケベ女、オンナ、牝。夫の亡き後にこんなに淫らな世界が待っているとは…。

 小野田か出勤してきた。

 珠代は小野田から逃げるように厨房に行って珈琲を淹れる。その支度をしているだけであそこがジュクジュクと疼いてくる。

 珠代は微かな声を漏らして腰を捩る。それだけで潤っている粘膜が淫靡な音を発してくる。

 ヌチュヌチュッ。

 珠代はいたたまれずに。
 …はやく舐めてぇ。
と脳裏で悲鳴を上げた。


 にほんブログ村・恋愛愛欲へ

 次の更新は9/6(金)です。


スポンサーサイト
[PR]


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © Eros’Entertainment. all rights reserved.