FC2ブログ
Eros’Entertainment
物語とエロスが満載のブログです。
秘書 珠代(62)
 一郎は珠代のポーズが決まってくると海水パンツを脱ぎ捨てた。息子の俊彦並みの巨茎だ。いい年齢なのに完全に勃起している。

 一郎は女の尻肉を撫で回してからマイクロビキニを横にずらす。

「ぃゃ…!」
 女が手を後ろに回して一郎の手を掴もうとしてくる。が、一郎はその手を掴んで露出した部分を見つめる。

 豊饒な女の堤の中に茶色に渦を巻いた窄みが在り、その隣に女芯が小さな唇を開けている。その唇が蠢いて白い泡を吐き出している。

 …オメコ汁の泡が。
  
 一郎はそう呟くと、いたたまれずに勃起の先を宛がった。

「ぃゃ」
 女の小声と共に唇が逃げようとするが、一朗は女の尻を押さえて先を埋め込む。

 女がお尻を震わせて、
「ぁぁぁっ」
と、声を上げる。

 一郎は女の腰に腕を回して抱え、腰を送り込んで勃起の根元まで咥えさせる。

「あぁ…あっぁぁ…ン!」
 女の何とも言えない震え声がプールサイドに響き渡った。

 一郎は女の素晴らしい肉の感触に思わず目を閉じた。勃起の隅々まで女の肉が密着して締め付けている。それが微かに震えている。

 一郎はしばらく肉の感触を味わってから女の上半身を起し、乳房を掴んで大きな円を描くように揉みしだいていった。

 息子が言うように、この女は最高だった。

 男の肉をしっかりと咥えて締め付けるし、乳房はボリュウムといい揉むときの感触が文句なしだ。それに女の泣く声が快い音色で陶然とさせる。
 
「このまま、あんたを放さない」
 一郎は息子と同じようなことを呟く。

「ぁぁ…ぁぁ…ぃゃぁ…ぃゃぁ…ぁぁン」
 珠代は顔を右、左に振って啜り泣く。

 この恥ずかしい姿勢で体の中に大きな肉棒を入れられて乳房を揉まれる。それが女にとってどれほどの感覚なのか男にはわからない。

 男の肉棒で貫かれている体の芯から融かされる感覚。声を上げなければ耐えられない恥辱と陶酔。恥辱が強ければ強いほどに肉の快感になってしまう生き物。

 その淫らな珠代という女の生理に気づかない一郎は背後から挿入した体位では落ち着かないだろうと、
「あんたを正面から抱きたい。入れたままで…」
と、彼女の体位を正常に戻そうとする。

 珠代は一郎の最後の付足しにぃゃと声を漏らしたくなったが、肢体から力を抜いて一郎に預けた。

 けれども挿入したままで体位を変えるとなると長い脚が邪魔をして思うようにならず、大きく開脚された痴態で一郎の正面に向き直った。
「体が柔らかいなぁ」

「は、はなしてください!」
 脚を開いたまま足首を掴んで放さない一郎に珠代は悲痛な声で訴えた。

 一郎はすぐに放してくれたが、我が身の痴態がいまだに瞼の裏に焼き付いていて珠代は唇を噛んで彼から顔を背けた。

 その珠代の顔を一郎は自分の方に向けさせると唇を咥えて舌を押し付ける。珠代は口を結んで拒む。

 一郎が舌をそのままにしていると珠代の歯に隙間ができてくる。

 そこで一郎は舌先を押し込んだ。さらに珠代の後頭部を抱えるようにして舌を可能な限り彼女の喉奥へと送り込んでいく。

「はぅ…はぅぅ…はぅぅ」
 珠代は鼻声を漏らして体を震わせる。それだけではなく咥え込んだ肉茎を不規則に締め付けて恥部を小刻みにしゃくりあげてくる。

 …なんというオメコだ!

 一郎は感動して思わず叫びたくなるが、女と口を合わせたまま声が出せるわけがなく、脳裏で何度も感動の声をあげる。

 一方で珠代は自分の膣が男を歓ばしていることについて気づいていた。なぜならば挿入された男の肉を恥ずかしいくらいに締め付けて震えるのが下腹部に覚えるからだ。

「はぁう…はぁ…はぅぅ」
 珠代は下腹部の気持ちいい痙攣の感覚に鼻から切ない声を漏らす。


 次の更新は10/18(金)です。


スポンサーサイト
[PR]


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © Eros’Entertainment. all rights reserved.