FC2ブログ
Eros’Entertainment
物語とエロスが満載のブログです。
秘書 珠代(71)
 二人目の社長は珠代の嫌いなタイプの男性だった。女に優しさを見せつけながら頭の中は淫らなことでいっぱいの偽善者。

 そうだからといって珠代は乳房を掴んでいる社長の手を退けることはしなかった。そんなことをしたらこれまでの苦労が水の泡になる。

 この珠代の優しさが社長を頭に乗らせた。

 女は乳房を揉まれるのを期待しているとばかり、ワンピースごと掬い上げた乳房を円を描くように揉みしだく。珠代のワンピースの開いた胸に乳房が肉の波を打つ。

 社長の乱暴な揉みしだきに珠代は声を漏らしそうになり手で口を塞いだ。それでも、
「そんなにしたら…ぁぁ」
と、切なく声が漏れてしまう。

 感じているわけでは決してない、と珠代が思っても社長は認めない。

 …気持ちいいだろう。
 社長は脳裏で呟きながら珠代の乳房を揉みしだく。こんなスケベな服を着ているのに、そんな気は全くありませんと言っても世間では通用しない。

「焦らさないで、早くオッパイを掴みだせ」
 観客から野次が飛んでくる。

 これまで社長は野次を無視して乳房を揉みしだいていたが、肝心な接吻をしていなかったことに気づいた。男女の事始めはキスから始まるからだ。

 社長は抱き寄せている珠代に顔を被せた。珠代は顔を背けたが、しつこく迫ってくる社長に唇を捉えられる。乳房を揉まれていたので珠代の噛みしめは緩く、舌先を押し込まれる。

 珠代は一瞬、歯を閉じようとしたが舌を噛んでしまうので逆に緩めた。それで社長は勢いづいて舌をぐいぐいと珠代の口の中へ送り込んだ。

 珠代の優しい性格が男女の関係を男の思うようにされてしまうのはいつものことだ。それでいて感度抜群な女体だから男に弄ばれてしまう。

「はぅぅ…むぅぅ!」
 珠代の鼻から切ない声が漏れていく。

 社長は珠代の顔を抱え込んで、さらに奥へと舌を送り込んだ。そして珠代の舌を絡みとって掻き混ぜる。

 偽善者の乱暴な舌の蹂躙でも、珠代の感度の良い女体は激しく反応する。鼻から切ない声を漏らしながら体をガクガクと震わせる。 

 その珠代の感じ方に社長は薄く笑い、もう大丈夫だろうとばかり、ワンピースの胸に手を差し込むと乳房を掴みだした。半球形の真っ白な乳房に薄紫の静脈が浮き出ている。

 …ほう、正真正銘の美乳だ!
 社長の口から賛美の呟きが。

「女をこっちに向けろ!」
「オッパイ見せろ!」

 観客から口々に乱暴な声が投げられる。ビールと酒で酔い、さらには興奮しているから言葉に抑制がない。

 社長は珠代の顔を抱えたまま女の体を観客の方へと向けていく。舌を口腔に挿し入れ、乳房も揉みしだきながら。

 珠代の脚が萎えていった。口腔に挿し込まれた男の舌と揉みしだかれる乳房の感覚が珠代の体を支える気力を奪っていく。

「はぅぅ…」
 珠代は鼻から切ない声を漏らして偽善者の社長に凭れかかった。

 観客の声援と珠代の感じやすい体に好い気になっていた偽善者の肩を叩く者がいた。系列の社長の中で最も若い、あの社長だった。

 その若社長は珠代の二人の間に割って入ると、
「その先は、この僕に」
と、偽善者の社長から珠代を奪うように抱き寄せた。


スポンサーサイト
[PR]


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © Eros’Entertainment. all rights reserved.