FC2ブログ
Eros’Entertainment
物語とエロスが満載のブログです。
秘書 響子(42)
 小野田の目に響子の恥部が晒されている。
 これまでの下着を見せる行為で興奮しているのか小陰唇が肥大して大陰唇に寄り添うように七分咲きになっている。その半開きの恥肉は薄っすらと濡れている。

「綺麗なオマンコだ。もっと脚を開いて見せて欲しい」
 小野田がそう褒めると響子の腰がビクンと応える。

 女の悲劇は性的に興奮すると抑えることができなくなることだ。女体にいったんスイッチが入ると男が傍にいることをあたかも知っているかのように女肉の淫らを演出してくる。

「ぁ…」

 案の定、見せる興奮を抑えることができなくなった響子の口から小声が漏れると、溜っていた液汁が股間の真ん中から床に糸を引いて滴った。

 小野田は我慢できずにソファーから立ちあがった。響子を後から抱き寄せて勃起を押し付ける。

「…だめぇ」
 響子は女の部分に押し付けられた熱い肉棒を後ろ手で掴んできた。小野田はかまわずに押し付けていく…。

「…入れちゃだめぇ」
 小野田は勃起を掴んでいる響子の手をそのままにして、腰を押し付けていく。

「…だめぇ、だめぇ」
 響子が顔を振って切ない声で抗う。

 それなのに窄みの奥から潤滑液が溢れてきて、巨茎の先がずるりと入り込む。
「ああ…」

 響子は巨茎を掴んだ手をそのままにして、お尻をいっそう突き出してくる。

 小野田は巨茎を奥まで送り込むと、響子を背後から抱きあげて社長席へと運んでいく。そして社長机の上に響子を下ろして脚をM字に開く。刳り抜かれたパンストの恥部にぐさりと己の肉茎が打ち込まれている光景は例えようもなく淫らで興奮する。

「このパンストは最高だねぇ」
 小野田は巨茎をゆっくりと抜き挿しながら感想を述べる。響子もこのバンストの淫らを知っていて、

「倫子さんが買いたいというから…」
と、弁解する。

「そうか…。響子さんはただ付き合っただけか」
 小野田は巨茎をゆっくりと抜き挿しながら、響子を慰めてあげる。

「わたしはこんないやらしい…ぁぁ」
 小野田のゆっくりしたピストンに物足りなくなった響子が腰をしゃくってくる。

 本来ならば、この先を楽しみたい二人だが、事の成り行きで幸か不幸か昼休みの社長室になってしまった。それを自覚している二人に昼休み終了五分前のオルゴールが流れてきた。



Copyright © Eros’Entertainment. all rights reserved.